月経不順 貧血

MENU

月経不順で貧血になったこと

月経不順と貧血

私は若いころ、特に20歳前後までは、かなりな月経不順に悩まされていました。不規則だったり、なかなか月経が来ないというようなタイプではなく、月経が長く続いて、なかなか止まらないというタイプの月経不順です。ひどい時は1ヶ月近く少しずつ出血が止まらなくて、貧血になってしまいました。それで病院にもかかりました。なかなか安定せずにずいぶん困りました。

月経が長過ぎるということ

私は月経が始まったのも遅くて15歳ぐらいになってからやっとでした。その後、なかなか周期も定まらず、一度の月経がとても長く続き、毎日少しずつしか出血しないけれども、その代わり2週間ぐらい続いてしまう、という感じでした。毎月決まって月経があって、4、5日で終わるというのが正常なものだと思うのですが、下手をすると3週間ぐらい出血があって、1週間ぐらい止まったと思ったら、また出血が始まってしまい、しょっちゅう出血しているという状態でした。20歳のころ、1ヶ月出血が止まらなかったことがありました。1日の出血は少ないのですが、長い間続いて止まらないのです。ずっと生理用品を使っていなければいけなかったのも大変だったし、母に相談したら、ずいぶん心配されて、病院に行くように言われました。

大人の体になっていない

それで病院に行ったら、「それは、まだ体が大人になりきれていないんですよ。」と言われました。確かに私は小柄で痩せていて、胸も大きくなっていなかったし、子供の体をしていました。精神的にもかなり子供っぽかったので、納得はできました。「そんなに出血が止まらないと、貧血になっていると思いますから、お薬を飲んでください。」と、出血を止めて貧血を改善する薬を処方されました。貧血のほうも、中学生のころから、時々目が回って倒れたりすることがありましたし、満員電車で倒れたりしたこともあって、確かに困っていましたから、お薬をもらってだいぶ安心できました。月経不順で出血が止まらず、貧血になるという症状ですが、もうちょっと成長して、体が大人になってくれば、月経も安定してくるとのことでした。その後、20歳を過ぎて、25歳ぐらいになってきたら、だいぶ月経が安定するようになってきました。それでも、やはり月経の期間は普通より長くて1週間以上続いたりすることもあったのですが。そういうタイプの場合には、1日の出血の量は少ないのです。貧血傾向はずっと続いていましたが、それは仕方がないと思いました。周期としては、1ヶ月に1度、1週間ぐらい続く、という感じで安定してきました。

 

生理不順・月経不順参考記事

 

TOP⇒生理不順の原因と改善方法