更年期 生理不順

MENU

更年期の生理不順|原因と対策を知っておこう!

更年期というと、イライラしたり、顔がほてったりというイメージがありますが、他にも生理不順という症状が起こることがあります。

 

更年期の症状の原因は、ホルモンバランスが大きく関係している為、心にも体にも様々な症状としてあらわれます。

 

今までとは違った生理不順の症状があらわれる場合もあるので原因と対策方法を知っておきましょう。

 

更年期とは?|カンタンにおさらい

日本の女性の閉経の平均年齢は、50歳くらいと言われています。閉経前後10年くらい、45〜55歳くらいの時期を“更年期”といいます。

 

この時期は、女性ホルモンの分泌が急激に減り、ホルモンバランスが乱れる事で、体の不調や変化があらわれることがあります。

更年期にはどういった症状がおきるの?
  • ほてり、のぼせ、発汗
  • 冷え
  • 動機、息切れ
  • むくみ
  • 頭痛、めまい、不眠
  • 不安感、イライラ、憂鬱、うつ状態
  • 耳鳴り、立ちくらみ
  • 腰痛、肩こり、吐き気
  • 便秘、下痢
  • 胃もたれ、胸焼け
  • のどの渇き
  • 頻尿、残尿感、排尿痛、失禁、血尿
  • 月経異常、性交痛、性欲低下
  • 皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ
  • しびれ、知覚過敏、視力低下

更年期障害の症状はひとそれぞれ。症状が強い場合は、薬をつかった治療をおこなうこともあります。

 

更年期と生理不順|閉経に向けた準備が始まっている?

更年期になると生理不順になるの?

更年期、閉経前になると徐々に生理が不規則になり、出血量も減っていきます。
これは、閉経に向けた自然な現象でホルモンバランスの乱れが原因で多くの女性が経験します。

 

更年期に生理不順が起きる原因とは?

閉経に向けて、卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減る為、ホルモンのバランスが崩れることで生理不順になります。

 

更年期に生理不順が起きたらどうする?

更年期の生理不順は病気ではありません。
突然出血量が増えたり、周期が短くなったり、長くなったり、それまでの決まった生理とは違い、不規則な生理が起こることが多いので、いつ生理になっても良いように準備をしておく必要があります。

 

また、更年期はココロのケアも大切。
ストレスをためすぎると、それも生理不順の原因になりかねませんので、リラックスできる時間をつくることも大切です。

 

最近は、30代で閉経することもある!?

更年期はまだまだと思っている人も、現在3か月以上生理がきていない人は要注意!

 

生理不順をほうっておくと、子宮が小さくなったり、病気になったり、生理がこないまま30代や40代で閉経してしまうこともあるのです。(早発閉経)

 

早発閉経の原因の特定は難しく90%は原因不明。閉経してしまうと、妊娠することができません。

 

また、閉経してしまうと、30代でも更年期障害のような症状が起きます。早発閉経になる前にホルモン治療などもできますので、早めの受診が必要です。

 

早発閉経にならない為には?

原因が特定できない為、完全に予防することは難しいと言われています。ただし、生理不順を放置しないことが大切。

 

自分の生理周期を管理、把握しておくことで生理不順に早く気づくことができます。最近では、スマートフォンのアプリで簡単に生理周期の管理ができるので利用している女性も多いようです。

 

まとめ

更年期の生理不順は、病気はなく閉経に向かって自然に起こる現象。多くの50歳前後の女性が経験する。閉経までは、突然の出血などもあるので常に生理用品を準備しておくと安心。

 

最近では30〜40代での更年期症状、閉経になってしまう女性が多いそうです。生活の変化や、過激なダイエットなどで生理不順になってしまってもそのままにしていると、閉経になってしまうこともあります。

 

閉経してしまうと、妊娠することができません。現在、更年期(40〜50代)ではないのに生理不順の症状がある場合は、改善できるよう病院を受診したり、生活を見直して見ましょう!

 

生理不順について参考ページ

 

TOP⇒生理不順