PMS 緩和

MENU

つらいPMS、緩和する方法って?

生理不順PMS

女性ならこの辛い症状で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
筆者もその一人でした。
特有のイライラに悩まされ、体調不良で仕事に影響も出てきていました。
PMS、症状の無い方や男性にはなかなか理解されにくい程、日常生活に影響があるんですよね。
そんなPMSを少しでも和らげる方法があれば、試してみたいとお考えの方にいくつかご紹介します。

サプリメントで緩和?

ドラッグストアやスーパーなどで手軽に手に入るサプリメントを利用してみるのはいかがでしょうか。
特にマグネシウム、亜鉛、ビタミンB群を摂取することで、特有のイライラや体調不良を和らげましょう。
マグネシウムは自律神経に働きかけ、イライラに効果的とも言われています。
亜鉛やビタミンB群はホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。
即効性はないかもしれませんが、すぐに取り組める方法ですので、試してみる価値はあると思いますよ。
筆者の場合はイライラがかなり収まり、快適に生理前を過ごすことができる日が増えました!

カイロプラクティックで歪みを直す?

少しお金がかかる方法ですが、体の歪みを整えるとホルモンバランスが整いPMSの症状が軽くなる期待ができます。
筆者はこちらも体験済ですが、かなり効果がありました。
頭痛が減り、血液の巡りが良くなりかなり不定期だった生理周期も整い始めました。
ただ、費用と時間がかかるために数ヶ月で通うのを止めてしまいました。
体の歪みは生活の癖ですぐに悪くなるので、通い続ける必要がありますがこちらも改善の期待がもてる方法です。

漢方を試してみる?

病院か漢方薬局で相談してみて自分に合った漢方を処方してもらうのですが、漢方は市販のものを買うと少し費用がかかります。
婦人科の病院で相談して処方してもらうのがいいでしょう。
漢方は飲み続けていかないと効果がでにくいという点がありますが、きちんと体質に合った漢方を処方してもらえれば効果は期待できます。ただし、体質に合わないものを飲み続けるのは良くないので事故判断では飲まれない方がよさそうです。
筆者は産婦人科で相談し、桂枝茯苓丸を処方してもらい、しばらく服用していました。体質に合っていたこともあり穏やかな効き目を感じました。
ただ、漢方は味にクセがあるので苦手な方は続けるのは難しいかもしれません。
しかし、辛いPMS、もしかすると他の病気が隠れている可能性もあります。一度、敷居は少し高いですが婦人科を受診されることをお勧めします。

 

生理不順、PMS参考記事