ルトラール 効果

MENU

ルトラールの効果と副作用|安心して服用できる?!

ルトラール

ルトラールという薬を知っていますか?

 

ルトラールは不妊治療に使用される薬のひとつで、ホルモンバランスを整える効果があります。女性は特にホルモンバランスの乱れで様々な不調に悩まされますよね。

 

ホルモンバランスが崩れることで、生理不順、肌荒れなど調子も悪くなります。バランスを整える効果のある「ルトラール」で生理不順が改善されるかもしれません。

 

ルトラールって何?

主に不妊治療で使用される薬。女性ホルモンと同じ働きをするように配合されたもので、ホルモンバランスを整える効果もあります。

 

メーカーの臨床試験でも様々な症状に対して80%以上の効果を発揮した薬です。

ルトラールの効果|3つのポイントはこれ!

ホルモンバランスを整える

ルトラールには、ホルモンバランスを整える効果があり、ホルモンバランスの乱れによる無月経や生理不順などの改善にも効果的です。

 

他にも卵巣機能不全や黄体機能不全が原因の不妊症の治療にも使用され、ホルモンを補うことで妊娠の可能性を高めます。

 

ルトラールで強制的に子宮内の環境を変化させる

ルトラールを服用すると、排卵後の環境に近づけます。排卵後の環境というのは「高温期」といわれていて、基礎体温が上がります。

 

ルトラールを服用している間は高温期が続き、排卵が起きて生理になることがない為、避妊目的でも処方されることがあります。

 

この効果を利用してルトラールを飲んで、中止してを繰り返して、正しい生理のリズムを体に覚えさせて生理不順を改善することができます。

 

男性が服用することもある

ルトラールは女性だけでなく、前立腺肥大症などの治療目的で男性に処方されるケースもあります。

 

ルトラールの副作用は?必ず確認しておこう!

服用開始から2〜3か月間は女性ホルモン剤特有の症状(副作用)がでやすい

主な副作用

  • 胸の張り、痛み
  • 頭痛
  • 気分不良
  • 不正出血

 

血栓症

  • 手足のしびれ
  • 視力の急激な低下

ごくまれですが、手足のしびれなどを感じた場合はすぐに医師に申告する必要があります。

 

ルトラールを服用するときの注意点

医師の指示に従う

ルトラールは排卵の状態を確認しながら服用するため、服用するタイミングは医師の指示に従いましょう。

 

服用中に妊娠した場合

ルトラールは、妊娠初期に服用していると胎児に影響がでる可能性がある為、妊娠発覚後はできるだけはやく医師に相談する必要があります。

 

まとめ

ルトラールは、ホルモンバランスを整える効果がある薬。

 

正しい生理のリズムに整える為に、ルトラールを服用して排卵後の環境に近づけ、中止してを繰り返し体に正しいリズムを覚えさせることで生理不順の改善効果、妊娠の可能性を高める効果が期待できます。

 

避妊目的でも処方されることがあり、様々な効果を持った薬と言えるでしょう。服用のタイミングなどもあるので、必ず医師の指示を守って飲みましょう。

 

 

生理不順参考ページ