生理不順 ストレス

MENU

ストレスを感じることで生理周期に影響がでる?!

生理不順ストレス

毎月くる生理って面倒ですよね。

 

「今月は、こなかったからラッキー!」
「今月は2回もあった〜」

 

ってことは無いですか?来たり来なかったり、多かったり少なかったり…
不規則な生理は、あなたの心や体の調子が悪いというサインかもしれません!

 

生理不順って何?知っているつもりになってない?

生理不順とは、生理が規則正しくこないということ。では、どこからが“不規則”になるのでしょうか?生理は、だいたい30日前後の周期で繰り返されています。

 

私たちは機械ではありませんから、毎回同じ周期で生理がくるとは限りません。1、2日前後のズレは心配しなくても良いでしょう。

 

しかし、いつもは約30日周期で生理がくるのに、

  • 25日以内に来てしまった⇒頻発月経
  • 36日以上たたないと生理がこない⇒稀発月経

など極端に周期がずれている場合は不規則と考えて良いでしょう。

 

なぜ生理不順になるの?

 

生理不順になる原因は、人それぞれ

  • 排卵の問題
  • ストレス
  • 過労
  • 肥満
  • ダイエット

などが原因でホルモンバランスが崩れると生理不順になることがあります。

 

ストレスと生理不順の関係とは?

生理不順ストレス

生活している中で知らず知らずのうちにたまったストレスは、生理にも影響をあたえると言われています。疲れたり、ストレスを感じると子宮が緊張して働きが悪くなると言います。

 

また、「生理がこない…」と心配してそれもがストレスになることも。気にしている時ほど、なかなか生理がこなかったりしませんか?それはストレスや緊張感が子宮に伝わっているということかもしれません。

 

強いストレスを一少しに感じただけで、周期が変わってしまうこともあるそうです。

 

生理不順をそのままにしておくとどうなるの?

生理不順は、放置する時間が長い程、治療が難しくなるといいます。

 

  • 生理周期が極端に長い(稀発月経)⇒再度生理を起こすことが難しくなる
  • 生理周期が極端に短い(頻発月経)⇒不妊、貧血
  • 生理の血が極端い多い⇒子宮内膜症や子宮筋腫
  • 生理中の出血期間が極端に短い⇒無月経

 

放置してしまうと、不妊症の原因になりやすく、一度止まってしまった生理を再び再開させることは難しい治療。生理不順が疑われる場合は、すぐに病院受診しましょう!

 

生理不順は、ホルモンバランスの崩れが原因で起こり、不妊以外にも、

  • 肌トラブル
  • 髪の毛がパサパサになる

など美容面でも悪影響です。

 

ストレスで起こる生理不順の対策

生理不順

基礎体温を把握

自分の基礎体温を記録しておくと、生理のリズムを知ることができます。排卵の有無や生理の時期、妊娠しやすい時期などを把握する目安になります。

 

☆参考ページ「基礎体温と妊娠」⇒http://www.healthcare.omron.co.jp/woman/health/01.html

 

生理周期の把握

生理不順の判断をするためにも、自分の生理周期は知っておきましょう

 

食生活の改善

栄養バランスの良い食事をすることが、健康への第一歩

 

質の良い睡眠

家事・育児・仕事で十分な睡眠時間を確保できないという女性も多いでしょう。睡眠時間も大切ですが、睡眠の質を意識してみましょう。
質の良い睡眠をとるには、

  • 夜ご飯は寝る3時間前までに済ませる
  • ぬるめのお風呂でリラックス
  • 寝る1時間前には部屋を暗くする
  • 寝る直前はPCやスマホは使用しない

などを実践してみてください!睡眠をとって体を休ませることもストレス解消方法のひとつです。

 

自分に合ったストレス解消法をみつける

自分の好きな発散方法をみつけておくと良いでしょう。室内でできる方法としては、深呼吸をしたり、ストレッチをしてみたり。体を少し動かしてみることも、良い気分転換になるのでオススメです。

 

生理不順とストレスまとめ

生理は、私たちの心や体の健康状態が大きく影響しているということがわかりました。生理不順は、極端な場合は放置せず、病院で早めの治療が大切!

 

放置しておくと、不妊の原因になったり、他の病気のサインだったという場合もあるので侮ってはいけません。

 

将来、子供を授かりたいと思った時、「ちゃんと治療しておけばよかった」と後悔しないように、自分の体のことは自分で守って、労わってあげましょうね!

 

生理不順について参考ページ

 

TOP⇒生理不順